展示コーナー

キッチン、洗面台、トイレなど、生活する上で欠かせないアイテムを取り揃えております。
システムキッチンの使いやすい高さや収納まわりのチェック、
食器洗い洗浄機やコンロなどの機能、シンクの広さなどを実際に見て、触れて確かめられます。
洗面質やトイレの水周り、リビング作りのご提案など、さまざまな選択肢をご用意しています。

キッチン
洗面室
トイレ
リビング

キッチン

Kitchen

使いやすいキッチンの広さと高さを確認できます

使いやすいキッチンの高さは、一般的に身長÷2+5で計算されたものといわれています。
身長160cmの方であれば80+5=85cmとなります。
またキッチンの広さも重要になり、奥行き65cmが主流となっています。
ただし、これは一般的なもので個人差があるため、実際にキッチンコーナーで高さを確認することをおすすめします。

キッチン
Point
キャビネット

キッチンの上や背面に設置するキャビネットは、床から145cmほど離れた、自然と目に入ってすぐ手が届くゾーンと言われています。
調味料を置くならどのくらいの高さだと使いやすいか、また扉があるタイプの場合は開けた際に邪魔にならないかなど、動きを入れて確認するのが良いでしょう。

キャビネット
キッチンの型
I型
I型

スペースをとらない最もベーシックなレイアウトです。
作業動線が一直線なのでラクに動け、ダイニングやリビングから丸見えにならないのもメリットと言えます。

L型
L型

I型よりも広いため、ゆったり調理でき収納スペースが多いのも特徴です。
作業スペースが確保できるので大人2人がシンクに立っても動きやすい型と言えます。

対面型
対面型

ダイニングやリビングにいる家族やお客様とコミュニケーションがとりやすく、オープンキッチンなので開放感があります。リビングからキッチンの足元が見えないのでスッキリした印象を与えます。

洗面室

Bathroom

おしゃれなデザイン、汚れに強い機能…毎日使うからこそ快適な空間にしませんか

朝の身支度やメークルームとして使われる洗面室は、使用頻度が高いスペース。
便利な収納棚や蛇口・洗面ボウルのデザイン、お手入れのしやすさなど、毎日使う場所だからこそこだわりたいものです。

洗面室
Point
洗面ボウル

洗面ボウルひとつで洗面台の印象は変わります。スクエアやオーバル、ラウンドなどの形状はもちろん、素材も一般的な陶器製の他に、ホーロー、ガラス、セラミックなど種類が豊富にあります。また、埋め込み式や置き型など設置タイプも分類されます。
どんなタイプがあるのか、どのような特徴があるのか、知っておくと具体的なイメージができます。

埋め込み型
埋め込み型

洗面カウンター部分に埋め込むタイプです。洗面周りがスッキリするので、清潔感があります。

置き型
置き型

洗面カウンターの上に置くタイプです。
洗面ボウルの全形がみえるので、デザインが活かされます。

壁付け型
壁付け型

おしゃれに見えるタイプです。空間が限られているスペースに向いています。

壁紙クロス

毎日使う場所だからこそ、快適な空間にしたいものですよね。
お気に入りの洗面台を選んだら、その周りにも気を使い、洗面室に行くのが楽しみになるくらいおしゃれなものにするのもおすすめです。
水の飛び散りや湿度が高いことが多くカビが発生することもあるので、防カビや汚れに強い機能を持つ壁紙などもチェックしましょう。

デザイン
デザイン

人気のモザイクタイルや、洗濯機や収納棚に合わせた色にすることができます。
消臭機能やニオイ分解機能が付いたものなら、清潔感を保ちながらおしゃれな洗面周りになります。

抗菌
抗菌

水汚れに強く、汚れを簡単に落とすことができる防汚・抗菌加工の壁紙は、表面強度が高く清潔に保てるのが特徴です。

クッションフロア
クッションフロア

ビニール系の素材で表面プリントされたクッション性のある床材です。水や汚れに強く、掃除しやすい上、豊富なカラーバリエーションが揃う床材のひとつです。

トイレ

Toilet

お手入れのしやすさや収納のしやすさなど、様々な選択肢があります

トイレのお手入れのしやすさや収納の使い勝手の良さ、壁や床の素材・デザインをとってもさまざまです。
便座には、使用時のみ暖めるタイプ、フタの開閉が自動で作動するタイプ、脱臭・消臭効果のあるタイプなど、便利な機能が多くあります。
あると便利なのは、トイレ用品がスッキリ片付けられる飾り棚。インテリアを飾ったり芳香剤を置いたりすることもできるので重宝します。また、床や壁は、耐水性や防汚加工のものを選ぶと、掃除がしやすく手間がかからないのでよいでしょう。

洗面室
Point
トイレの形状

トイレの形状には、タンクがついたタンク式とタンクを外したタンクレスタイプがあります。 シャワートイレにも、一体型と簡易なリフォームに適した便座型があり、それぞれのメリット・デメリットを理解し、選ぶことをおすすめします。

タンク式
タンク式

ス主流でもあるタンク式。
断水時には、タンクにお風呂の残り湯などを入れれば使用できます。

タンクレス
タンクレス

トイレ本体の奥行きがタンク式と比べおよそ10cm小さくなるので、空間が広くなります。
デザイン性も高くスタイリッシュなのも特徴です。

リビング

Living room

生活しやすい“リビ充家族”作りのご提案をします

近年注目されている“リビ充家族“。これはリビングに勉強机を置いて子どもの学習スペースとする「リビング学習」のことです。
親が見守ってくれるのでやる気が出る、わからないことを教えてもらえる、集中力が身につくなど、子供が得られるメリットはもちろん、家事をしながら子どもの姿を見守れる、子どもの学習状況を把握しやすい、子どもとのコミュニケーションが増えるなど、親にとってもメリットの多いのがリビング学習です。

夫婦がリビングで過ごす時間は1日のおよそ8時間、高校生でも1日のおよそ半分をリビングで過ごすことが多く、リビングは家族との時間を作れるだけでなく、個々の時間を同じ空間で過ごすことが多くなっています。
家族が生活しやすくコミュニケーションが取れるリビング作りをご提案します。

洗面室
Point
タンク式

小さいお子様が遊んだり勉強したり、リビングと一続きにすれば親の目も行き届きます。

タンクレス

リビングにワークスペースを設ければPC作業やお絵かきなど、親子が使えるスペースになります。

ご来館予約

お電話でのご予約
営業時間は10:00~19:00です。お気軽にお電話ください。
インターネットでのご予約

当ショールームはインターネットでのご予約を受け付けております。 下記のボタンから質問事項をご入力いただき、ご予約ください。

土日・祝日は大変混雑するため、平日のご来館をお勧めいただいます。
ご予約ご希望の方お客様は早めにお電話にてご連絡をお願いいたします。
なお、お見積もりをご希望の場合は、最終受付時間は16:00となります。ご来館お待ちしております。

ショールームへのアクセス

神奈川県横浜市港北区小机町66-1